生まれきてくれて、ありがとう 〜 転座保因者の妊娠・出産・育児の記録 〜

均衡型相互転座だけど、我が子をこの手で抱けるその日までの日記

やっと会えた②

出産は体力使うって言うけど、本当に大変。

 

朝から何も口に出来てなかったから、点滴で栄養を送り、トイレに動くこともできなかったので導尿をしてもらい、やっとの思いで分娩台へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既に2分おきにくる陣痛に悶え苦しむ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだいきむなと言われ、トイレの大きい方を必死で我慢する様な感じで、分娩台でのたうち回る。

促進剤を投与してからは、2回に1回は大きく痛む陣痛がくる。その度に叫んでました😭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、分娩台へ上がってからそう待たずに子宮口全開。

やっといきむ許可が出て、陣痛が来る度に必死で踏ん張るも、なかなか赤ちゃん出てこない…

途中から酸素マスク装着され、あと数回やってみて出て来なければ吸引すると言われました。

 

吸引分娩はどうしてもやりたくなかったから、もう必死で踏ん張った😤

会陰切開すると言われ、切開した次のいきみで出て来てくれました🥰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、ここ最近にしては大きめな赤ちゃんだったそうで、皆さん驚かれてました💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと感動するのかと思ってたけど、なんだか呆気なかったなぁって気分になりました😟

それ以上に、疲れと安堵でいっぱいいっぱいだったってことでしょう😓

 

赤ちゃんも、見た目の目立った異常もなく、元気に生まれてきてくれました😊

それがなによりです😌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出産のスタイルも人それぞれですが、私は旦那と実母に大変助けられました。

陣痛中も一人だったらと思うと、耐えられてないと思います。

たくさんの周りの支えがあってこそ、乗り越えられたと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達二人を親に選んでくれた娘。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にこんなに貴重な経験をさせてくれて、ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生まれてきてくれて、ありがとう❤️