転座でも、子供が欲しい

均衡型相互転座だけど、我が子をこの手で抱けるその日までの日記

2018年 7回目。

なんだか最近、不妊治療の話題を多く耳にした週でした。

 

ひとつは、丸岡いずみさん有村昆さん夫妻の代理母出産。もうひとつは、深田恭子さんと松山ケンイチさんの出演するドラマ『隣の家族は青く見える』ですかね。

 

 

子育てで悩む方々の話題や問題は数多く取り上げられますが、こういう妊活や不妊に関する話題はデリケートな問題でもあるので公に取り上げられることは滅多にありませんよね。

でも、私はもっと話題にして欲しいと思ってます。

正直、転座に関してだけでみれば情報が少なすぎて途方にくれる事もあります。もっと情報交換やコミュニティの場があればいいなと感じてます。

転座がわかった方で不妊治療を経て妊娠・出産をするまでに「こんな治療をした」「こんな事やってました」などの情報がもっと欲しいです。

 

 

さて、今日は今年初めての卵胞チェック。

最近は本当に、今後どうしようか悩んでいます。夫婦共に性欲も落ちてきていて…どうもやる気になれない。゚(゚´Д`゚)゚。

 

今日はなんだか微妙な感じでした。もしかしたら既に左の卵巣から排卵しているかも…との事でした。右の卵胞は排卵しそうな感じではあったのですが、尿検査では排卵までにあと1日半という結果に。排卵した後も同じような反応が出る為どちらかわからない結果になりました。

念の為に今日から1日おきに月曜日までタイミングをとるように言われました。

 

今に始まった事ではないけれど、休みは合わずすれ違いだし、年明けから旦那はインフルエンザで体調崩したり、今は愛犬の調子も良くなくて付きっきりだったり、私の会社も体調崩す人が次々にいてシフト変更も多々あるしで、毎日が落ち着かない状態です。

 

人口受精も頭に入れつつ、今後続けるかどうか本当に悩んでいます。転座だけならもう辞めようかなと思えたのですが、不育症があるので薬は辞められない。

 

 

ツライです。